×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初めての転職

初めての転職

初めての転職を成功させる面接での受け答えと履歴書の書き方

  

初めて転職する場合

以前は、企業規模などで安定性や将来性を判断することができ、長く勤めていけば収入もいきました。現在はといって安心することはできません。 同じ会社に在籍し続けても、評価制度に変わってきたため、収入格差が生まれてしまう時代です。 そんな環境の中で、人が企業を選ぶ基準が多様になってきているようです。 仕事で「どんなことで満足を感じることが出来るのか」を探ります。 ステータスを得ている人が必ずしも「勝ち」なわけではないはずです。 転職を考えるのは、会社に何らかの「不満」が場合がほとんどです。 といって、「今の状況からとにかく逃げたい」からといって転職先を探してみても、自分が満足する転職につながりにくいようです。


退職理由の答え方

「本音を話すことで評価を下げるかもしれない。だからといって嘘をついてはいけないし……」と、頭の中で色々なことがめぐり、返答になってしまう事がありがちです。出た返答によっては、面接担当者達の心証を損なう恐れもあります。 質問を考えておき、返答の練習をしておきましょう。 企業が面接で「退職理由」を聞く理由とは?まずは、なぜ面接担当者が「どうして前の会社を辞めたのか(辞めたいのか)のですか?」をたずねるのかを理解しておきましょう。 面接を受けに行った会社も残業が多ければ、「この人は、うちの会社に来るべきではない」と判断するのがですよね。 この例は、分かりやすいですが、微妙な例えとして、「前の会社では人間関係がうまくいかなかった」という理由の時です。 この理由が転職理由として最も多いのですが、簡単に口に方が無難です。 人事担当者が「うちの会社は、アットホームでみんなとても仲がいいから大丈夫だよ」なんて親交的な反応をしてくれる人であればいいのですが、いきません。 人事担当者は、実際にはこう思うでしょう。 しれませんが、少し応答の表現を変えることにより、同じ内容を話していても、印象を変えることができます。


面接での質問の仕方

近年では、何度かにわたり面接力アップセミナーを大手人材派遣会社が、開催しています。面接の最後に質問されるのが「何か質問はありますか?」です。 ここで、優秀なその質問は適切であり的確であると痛感しました。 面接で突然、気の利いた質問をするのは、とても難しいことです。 面接前にその会社に対しての質問を10個くらい考えて行くのがベストでしょう。 10個の質問をメモにとって面接会場にもって行きます。 面接の質問時にメモをみて行っても、マイナスになることはありません。 質問時においてだけなので、志望動機や自己PRをする時にメモを見て話すのは御法度です。 【転職時の面接中に好感を持てた内容に対しては、追求した質問をする】面接で30分間お互いで話を進めれば必ず興味がある内容がはずです。 英文法で学習した5W1Hは質問する時に大変役に立ちます。 質問をしてみましょう。


転職と人間関係/ 女性のための労働基準法/ 妊娠とつわり/ 初めての転職/ 転職ガイド/
旅行系派遣/ 派遣会社情報/ 派遣で生きる/ 派遣スタイル/ 口コミ派遣/
(C)初めての転職